ブラウンダストの攻略サイトです。リセマラ攻略・最新イベント情報などブラウンダストに関するあらゆるネタを配信中!

ブラウンダスト攻略ブログ

キャラクター

【ブラウンダスト】カーソン|評価・ステータス・スキル

更新日:

ブラウンダストの「カーソン」について解説しています。

カーソンの評価からステータス・スキルなどの基本情報まで詳しく紹介中です。

スポンサードリンク

ブラウンダスト カーソン

総合評価

キャラ 総合評価(5点満点中)
カーソン 3点

特徴・使い方

防御力が高いキャラです。

スキルは「バリア」を持っており、被ダメージが軽減します。

またスキル「鋼鉄の一撃」によって自分の攻撃力と防御力に応じて追加ダメージを与えることができ、スキルレベルを上げると敵が追加ダメージによって死亡した場合、HPを回復します。

覚醒すると「維持ダメ免疫」を覚え、持続ダメージに免疫を持ちます。追加ダメージ及び無効化は免疫を無視します。

カーソンは長期的にバリアをはれるため、敵からの攻撃を安定的に防御できるキャラです。

星3のキャラは入手しやすく、スキルレベルをMAXまで上げやすいため育てればそれなりに使えるキャラになります。

スキルレベルをMAX(+9)まで上げれば戦いでかなり活躍してくれるでしょう!

あと「リジー」「ベアトリス」とのセット効果は3キャラ全員ともそこそこ優秀なため、セット効果も有効的使うことができます。

以上、上記のポイント等を考慮して総合評価3点にさせてもらいました。

 

ブラウンダスト カーソン 基本パラメーター

キャラ名 【星3】カーソン
【星4】傭兵騎士カーソン
ランク 星3→星4(基本ステータス上昇/MAXレベル上昇)
覚醒 星3→星4(覚醒)(外見変化/基本ステータス上昇/覚醒スキル開放)
入手方法 スカウト(一般、高級、友情、マイル)、ストーリー([ノーマル、ハード]10-10)
タイプ 防御(Defender)

 

ブラウンダスト 【星3】カーソン ステータス・スキル

ステータス

Lv.MAX(レベル45)ステータス

攻撃力 249
HP 1546
防御力 12%
クリ率 10%
クリダメ 50%
敏捷 0%

Lv.MAX(レベル55)ステータス

攻撃力 344
HP 2138
防御力 12%
クリ率 10%
クリダメ 50%
敏捷 0%

 

スキル

攻撃範囲 1ラウンドごと最前線の敵を中心に1マスの範囲を攻撃します。
ラウンド 1R
ターゲット 最前
長時間安定的な防御を行う

究極の力(+0)(スキル初期時)

バリア 攻撃した後、自分に発動されます。
被ダメージが軽減します。
効果 被ダメージ-25%、維持時間12ターン
鋼鉄の一撃 攻撃した後、敵に発動されます。
自分の攻撃力と防御力に応じて追加ダメージを与えます。
効果 攻撃力×防御力×100%追加ダメージ、

究極の力(+9)(スキルMAX時)

バリア 攻撃した後、自分に発動されます。
被ダメージが軽減します。
効果 被ダメージ-45%、維持時間18ターン
鋼鉄の一撃Ⅲ 攻撃した後、敵に発動されます。
自分の攻撃力と防御力に応じて追加ダメージを与え、敵が追加ダメージによって死亡した場合、HPを回復します。
効果 攻撃力×防御力×150%追加ダメージ、最大HP×50%回復
覚醒
維持ダメ免疫 攻撃した後、自分に発動されます。
持続ダメージに免疫を持ちます。追加ダメージ及び無効化は免疫を無視します。
効果:維持時間12ターン

 

セット効果

セット効果
傭兵団の剣 連携攻撃75%
キャラ
カーソン
リジー
ベアトリス

 

ブラウンダスト 【星4(覚醒)】傭兵騎士カーソン ステータス・スキル

ステータス

Lv.MAX(レベル55)ステータス

攻撃力 378
HP 2351
防御力 12%
クリ率 10%
クリダメ 50%
敏捷 0%

Lv.MAX(レベル65)ステータス

攻撃力 517
HP 3219
防御力 12%
クリ率 10%
クリダメ 50%
敏捷 0%

Lv.MAX(レベル75)ステータス

攻撃力 704
HP 4377
防御力 12%
クリ率 10%
クリダメ 50%
敏捷 0%

 

カーソンに対する口コミ

・なかなか微妙な古株である

・育てればちゃんと強いので見捨てないであげて…

・せっかく騎士になってもイラストがそのままじゃねぇ

・スキル3まであげて鉄壁のルーン付けてようやっと機能する柔らかな盾

・レア来ないからこの子重用してる

スポンサードリンク

-キャラクター

Copyright© ブラウンダスト攻略ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。